たくさんの薬

ペニスサイズの測り方

黄色のカプセル

ペニスサイズの測り方にはいくつかの種類があります。
例えば、単にペニスの長さというときは、根本から先までの長さのことを指すのが一般的です。ペニスの長さの測定方法は簡単で、ペニスが地面と平行になるようにしてからペニスの上の方から定規をあてて、目盛りを読むだけです。定規は、竹定規のように端から目盛りがついているものをつかいましょう。ただしこの方法では、太っている人の場合だと皮下脂肪がある分だけ短く測定されてしまう可能性があるため、泌尿器科をはじめとする医療機関では定規を恥骨に達するまで押し当てて長さの測定を行っています。
一方、ペニスの太さは、周囲長、胴の長さ、亀頭の長さの3つを測ることによって判断することができます。周囲長を測定するときは、胸囲や腹囲をはかる時と同じように、目盛りが入ったテープやメジャーでペニスの胴の部分を巻いて目盛りを読めば、長さがわかります。胴の長さと亀頭の長さについても、テープかメジャーをつかって測ると良いでしょう。太さを測るときに注意しなければならないのは、周囲長を測るときにペニスをあまりきつく巻かないようにすることです。また、胴の長さと亀頭の長さは定規でも測ることができますが、視線がずれる分、細めに測定値がでることが多いので注意が必要です。
ペニスのサイズは定規やメジャーなどを使えば簡単に測ることができますが、外国にはペニスサイズ測定専用の定規が販売されており、ノギスと同じ要領でペニスを挟み、目盛りを読むだけでサイズを知ることができます。
ペニス増大ができる薬やサプリメントを使用してしばらく経ったら、効果を確かめるために自分でペニスサイズを計測しておくと良いでしょう。

関連記事